歯科治療のデジタル化-インプラント・歯周病なら宝樹会インプラント専門サイト(山形市・秋田・北秋田市・潟上市)

Dental Implant Guide

Dental Implant Guide

歯科治療のデジタル化

クラウドネットワークを使い、技工所と素早い連携を実現

クラウドネットワークを使い、技工所と素早い連携を実現
技工所への歯の作成依頼をデジタル化

従来、型どりや模型を郵送することでやりとりしていた技工所への歯の作成依頼をデジタル化。3Dスキャナーで作成したデータを元に宝樹会グループ技工所にて3Dプリンターや成形マシンにて仮歯・白い歯・マウスピースを作成します。
時間をかけずに製作された歯をインプラントと組み合わせて使う事が可能です。

CAD/CAMを使ったセレックシステム

CAD/CAMを使ったセレックシステム

CAD/CAMシステムとは、口腔内に装着する修復物や補綴物の設計および加工に用いられる複数の装置をCADやCAMの技術を用いて統合したシステムのことです。

カメラで口の中を読み取り、CAD/CAMを用いたコンピューターで設計してコンピューターがセラミックを削りだしてくれます。設計さえ終われば、実際に削り出す作業は約20分程度です。これにより、短時間で、オールセラミックの材料で歯を作る事が可能となりました。

また、実際に削り出すセラミックブロックは、工場生産されたオールセラミックのブロックなので、手作業と違い製品にバラツキがなく、均一な品質をご提供できるのもいいところです。また天然の歯に近い固さでもあり、摩耗しにくいのです。

3Dデータとガイドを使った誤差の少ない治療

これまでは、経験と勘を頼りにインプラントの埋入が行われてきました。治療経験の数に伴う技術差が治療結果に反映されることも多く、キャリアの浅さよりインプラントを埋入する深さを誤って大事故につながった事例も存在します。
こうした事態を避けるため、宝樹会でのインプラントは治療前にCTスキャンで確認してから手術に臨みます。

更に、CTによる術前の診断はもちろん、マウスピース型のガイドを用いインプラントを埋入。事前のシミュレーションに努め、手術時における再現性を高めた治療を行っています。痛みや侵襲に配慮し、患者さまの負担を可能な限り減らした治療に努めています。

SwissMeda社のSMOPインプラントガイドシステムを利用しています。

SwissMeda社のSMOPインプラントガイドシステム