インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ【STEP1 問診】
初診時には問診票に記入いただき、既往症やアレルギーといったお身体の状態、現在気になっていることや治療に対するご希望などを詳しく伺います。

問診票に記入いただく前には受付でカウンセリングも行いますので「どのように問診票に記入すればよいのかわからない」といったことも含めて、ご心配なことは何でもお話しください。その後、受付でのカウンセリングや問診票をもとに、歯科医師が詳しい問診を行います。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP2 資料採得】
一般的なお口の中の診査、虫歯や歯周病のチェック、デジタルレントゲンによる診査をし、お身体全体の状態も診査します。そして、残っている歯の状態を診査し、歯を喪失した箇所については、あごの骨の状態も確認します。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP3 CT検査(スキャン)】
インプラント治療に必要な検査をさらに詳しく行う段階です。歯科用CTを用いて、インプラントを埋入する部位の骨の量や骨の質などをチェック。CT(断層撮影)は、身体を何層もの輪切りにしたような状態で撮影することにより、レントゲンでは2次元でしか得られない情報を、3次元で見られるようにする装置です。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP4 治療計画とプランニングコンサル】
STEP1~STEP3の検査結果をもとに、それぞれの患者さまに合った治療計画を立てます。宝樹会では「インフォームドコンセント(説明と同意)」を徹底することで患者さまとの信頼関係を築き、安心・納得いただいた上で治療を開始しています。

そのため、歯科医師が立てた治療計画を患者さまにご説明するポジションとして、宝樹会にはトリートメントコーディネーターが在籍。患者さまのご希望と歯科医師の専門的な見解を踏まえた上で、治療の方針、治療期間、治療費用などに関してご説明しています。

トリートメントコーディネーターによるコンサルはたっぷり1時間ほどかけて行い、治療計画への疑問や質問、具体的な治療スケジュールのご相談などにもお答えします。歯科医師に直接聞きにくいことなども、コーディネーターの存在により、納得いくまでしっかりご相談いただけます。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP5 埋入手術】
手術には1回法と2回法があります。宝樹会では、患者さまの骨の状態によって、どちらの方法を用いるか判断します。2回法は複雑な処置を併用した場合の手術で、一旦はインプラント全体を歯肉に埋入させて、2~3か月程度経過したところで一部を歯肉の上に出す方法です。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP6 治癒期間】
手術後は、インプラントとあごの骨がしっかりとくっつくまで治癒期間を設けます。この間は仮歯を使用できますので、歯がないまま過ごすことになるという心配は不要です。また治癒期間は、一般的には3か月程度と言われていますが、宝樹会では「インプラント光照射器」を用いることによって、現在では6~8週間に短縮されています。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP7 型採り】
インプラントとあごの骨がしっかりくっついたあと、インプラント部の型採りをします。採った型をもとにインプラントに合わせた上部構造を製作し、取り付けます。

次へ
【STEP8 人工歯をセット】
STEP7で型採り・製作した上部構造(人工歯)を装着したら、インプラント治療は終了です。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP9 メインテナンス】
治療後は、装着したインプラントを長期間良好な状態に保つために定期的な検診が必要です。また、ご自宅でのホームケアも心がけてください。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック