手術から技工まで、オールインワンの組織力で対応

組織力

宝樹会のインプラント治療は、解剖認定医の資格を持ったドクターが外科医レベルの技術を駆使して手術を行っています。そして、インプラント体の埋入・定着後には型を採り、上部構造(人工歯)の製作に必要なデータがセラミックセンターの技工士に送られます。

セラミックセンターには、CAD/CAMシステム専任の技工士4名が在籍。データのみならず、手術を行うドクターからの情報や指示を受け、色や形など、患者さまに最適な精度の高い人工歯を製作します。

さまざまなインストラクター資格を持っている医師や技工士が存在しても、組織化されていなければ意向や指示が思うように伝わらないことも多いものです。その点宝樹会では、アナログ(手術)からデジタル(CAD/CAM)まで一貫した流れで行うことにより、ほかに比類ない、高度で正確なインプラント治療を実現しています。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック