歯周病とインプラントの関係

歯周病とインプラントの関係

インプラントは、あごの骨量が十分でなければ不可能な治療です。増骨手術によって治療が可能となるケースもありますが、そもそも"あごの骨が足りない"という状態になってしまう大きな原因が歯周病です。

歯周病とは、口腔内の細菌によって、歯を支えている歯肉や歯槽骨が徐々に破壊されていく病気。口臭やねばつき、歯肉の腫れや出血などは、その多くが歯周病の症状です。症状や進行の度合いには個人差がありますが、15~24歳ですでに20%の方が歯周病に感染。その後も年齢が高くなるにつれて感染率も高まり、中高年の50%以上は歯周病菌に感染していると言われています。

歯周病が原因で歯に動揺があり、しっかり噛めないためインプラントをしたいという方は、インプラントをする前にしっかりと歯周病を治療する必要があります。また自覚症状がない場合でも、インプラントという外科手術を行う前に口腔内の菌を取り除き、傷口に菌が侵入・感染するといった危険を回避することが大切です。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック