入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い-秋田(北秋田市・潟上市)のインプラント・歯周病なら宝樹会インプラント専門サイト

Dental Implant Guide

Dental Implant Guide

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

現在、歯を失ったあとの機能回復の治療には、インプラント・入れ歯・ブリッジの3つがあります。
各治療の目的は歯の機能回復ですが、それぞれに特徴や違いがありますので、インプラントと比較しながら見ていきましょう。

インプラント

インプラント歯の根の代わりに金属(チタン)を埋め込み、その上に歯冠を被せる治療法です。独立して歯の役割を果たすことができ、メインテナンス次第では長期・永続的に使用も可能となります。

天然歯と比べての回復率90%

メリット

  • 10年予後は70%程度
  • 噛み心地や機能、見た目が天然歯とほぼ同じ
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 長期使用が可能で他の歯の長持ちにも良い

デメリット

  • 費用がかかる(保険が効かない)
  • 抜歯と同程度のリスクを伴う手術が必要
  • 術前、術後の手入れが必要

ブリッジ

インプラント失った歯の両隣の歯を削って土台にし、(抜けた歯が一本の場合)3本の歯を連結して並べる治療法です。固定式で取り外しの必要はないですが、清掃性は良いとは言えません。

天然歯と比べての回復率60%

メリット

  • 着脱式で汚れたら洗浄できる
  • 保険が適応される(安価)

デメリット

  • 健康な歯を削るため両隣の歯が弱くなる
  • ブリッジを支える歯にストレスがかかり弱る
  • 歯と歯ぐきの間に食物が入りやすく不潔
  • 見た目で気づかれる可能性がある

入れ歯

インプラント着脱式の代わりの歯です。針金で止めたり、歯ぐきに接着したりするタイプがあり保険内でも治療が可能です。治療の期間も短くすみますが、定期的に作り直しが必要です。

天然歯と比べての回復率20%

メリット

  • 着脱式で汚れたら洗浄できる
  • 保険が適応される(適応外のものある)

デメリット

  • 安定性が低い
  • 見た目で気づかれる可能性がある