総合的に見た最善の治療法、それがインプラントだと考えます

院長あいさつインプラントは「失った歯を補うための治療」というより「健康な歯を健康なまま残すため」に、周囲の歯に負担をかけず、失った部分だけを補うことができる、ただ1つの治療方法だと考えています。失った歯のスペースだけで治療を完結させ、ほかの歯には余計なことをしない。それが、口腔内全体の健康レベルを維持し、守ることにつながるのです。

「失った歯の治療のためにほかの歯を傷つけることをしない」「健康な歯を健康なまま残す」ということを重視してほしいという思いから、宝樹会では、インプラント治療を受けるすべての患者さまに、無菌治療を格安でご案内しています。

インプラント手術のためだけでなく、手術前に口腔内を無菌化することによって患者さまの意識が向上し、メインテナンスにも前向きに取り組んでいただけています。そのことが、失った歯を治療したということだけでなく、口腔内の健康を守るための予防にもつながるのです。

総合的に、失った歯を補うための治療としては、現時点ではインプラントが最善の方法ではないかと考えます。もちろん、歯科医療技術は日々進化していますので、あくまでも「現時点で」です。私たち歯科医師は今後も弛まぬ努力を続け、常に最高・最善の治療をご提供できるように努めてまいります。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック