2017年1月18日

低コストに総入れ歯をインプラントにできる、All-on-4

オールオンフォー












All-on-4(オール オン フォー)は総入れ歯が合わない、もしくは多くの歯を失った方に最適な最新インプラント治療です。たった4本のインプラントで、上または下の人工歯を全て支え、噛むことが可能なため、体や金銭面の負担が大幅に軽減、その日から仮歯を入れ食事ができます。従来の治療法には次のような問題点がありました。

<従来の治療の問題点>
入れ歯の場合・・・
・違和感が強い
・入れ歯が動く・外れる
・噛み心地が弱い
・しゃべりにくい
・骨がだんだんとやせてしまう

インプラントの場合・・・
・多数のインプラントを埋める必要があり、体力的にも金銭的にも負担が大きい
・手術をしてから歯が入るまで何ヶ月も待たなければならない
・骨が十分ないとインプラント手術を断られることがある

All-on-4のメリット

低コストオールオンフォー
これまでは全部の歯を失った場合、上下それぞれの顎で8本から14本ものインプラントを埋め込む必要がありました。しかし、All-on-4では埋め込むインプラントの数が最少で4本で済み、また、骨の多い部分を選んで埋め込むため、これまでのように骨移植にかかる費用もかかリません。そのため治療費用をかなり抑えることができます。

体への負担が少ない
All-on-4では埋め込むインプラントの数が少なくて済み、骨移植の必要性もないので、手術時間が大幅に短縮されます。そのため、術後の腫れや痛みなどの症状を極力抑えることができ、体への負担を最小限にとどめることができます。

骨の少ないケースでも対応出来る
4本のインプラントを支える骨があれば良く、骨の厚みのある部分を選んでインプラントを埋め込むため、骨が少ないケースでも問題なくインプラントを行うことが可能になりました

総入れ歯との比較

総入れ歯とAll-on-4には次のような違いがあります。
総入れ歯
All-on-4
咀嚼効率が低い 咀嚼効率が高い
動いたり外れることがある 固定式なので外れる心配がない
歯茎と入れ歯の間にものが挟まって痛むことがある ものが挟まっても痛むことはない
歯茎を大きく覆うので違和感が強い、発音しにくい 歯茎を覆わないので違和感が少ない、発音にも問題なく会話が楽しめる
食べ物の温度や味がわかりにくい 天然の歯のように温度や味も感じられる
歯茎や骨がだんだんと痩せてしまう 歯茎や骨が痩せることがなく、若々しさを保つことができる
食後にいちいち外して洗う必要がある 固定式なので取り外して洗う面倒さがない
入れ歯特有の口臭が起こる 入れ歯特有の口臭に悩まされることがない

All-on-4の治療の流れ

【STEP1】カウンセリングと検査インプラント治療の流れ
治療についてのメリットとデメリットをお伝えし、納得した上で選択していただきます。全身状態の問診、口腔内チェック、レントゲン診査、CT検査などを行い、全体的な治療計画を立てます。

次へ
【STEP2】インプラントの埋入インプラント治療の流れ
インプラント体を埋め込みます。麻酔をかけるので、ほとんど痛みはありません。インプラントを埋めたあと、少し休憩します。

次へ
【STEP3】仮の歯を装着
数時間後に仮歯を装着。なお、口腔内の状態によって、仮歯装着が翌日となるケースもあります。

次へ
【STEP4】最終の歯を装着インプラント治療の流れ
仮歯装着から3~6か月後、強度が高く美しい最終ブリッジ(固定歯列)に交換します。最終ブリッジを入れたあとは、ご自身の歯のように何でも噛めるようになります。

よくある質問

Q.All-on-4の手術は痛みや腫れが出ますか?

A.手術は麻酔をして行いますので、手術中に痛みを感じることはありません。All-on-4ではインプラントの本数を少なくできるため、腫れや痛みを極力抑えることができます。術後は抜歯をした時のように腫れたり痛みがでる可能性がありますが、痛みは処方された痛み止めで抑えることができますのでご安心ください。腫れは2~3日後がピークになりますので、なるべく安静に過ごされることをお勧めします。


Q.All-on-4の手術は入院が必要ですか?

A.All-on-4の手術は通常入院は必要ありません。インプラントの埋入から仮歯まで1日で行いますので、手術したその日にインプラントで支えられた仮の歯で食事をすることが可能です。


Q.高齢でもできますか?

A.All-on-4は体への負担を最小限にとどめて手術を行うことができますので、高齢の方や体力のない方にも向いています。健康状態によっては行えない場合もありますが、まずはご相談ください。


Q.All-on-4はどのくらい持ちますか?

A.All-on-4のような体に埋め込むインプラントは、自己管理と定期的なメンテナンスをどのように行うかによってもどのくらい持つかが変わってきます。インプラントの平均残存率は15年で9割を超えるとされていますので、しっかりとお手入れをすれば一生持たせることも可能です。


Q.All-on-4のお手入れは難しいですか?

A.All-on-4はインプラントの本数を最少4本に抑えることができるため、歯磨きも磨く本数が少ないので楽です。基本的なお手入れは天然歯の歯磨きと変わりませんが、ジェット水流による洗浄器を使うと、より隅々まで洗えてスッキリします。


Q.上下同時に手術はできますか?

A.処置時間は長くなりますが、上下同時に行うことで治療期間を短くすることができます。

2017年1月17日

インプラントは保証内容が大事です

ガイドデント

インプラントは「第三の歯」と呼ばれることもあるように、まるで新しい自分の歯が入るような感覚で、永久に問題なく使えると思われがちです。しかし、インプラントを入れた後には様々なトラブルが起こることがあり、その再治療に関しては多額な費用がかかってしまうこともあります。そんな時に頼りになるのがインプラントの保証ですが、行う医院によって保証内容がまちまちで、思うような保証が受けられないこともあります。後になって「こんなはずじゃなかった・・」とならないように、インプラントを受ける前に保証内容がどのようなものか、しっかりと確認しておくことが大切です。

ガイドデントによるインプラント10年保証システムとは
当院ではインプラントの保証として、ガイドデントのインプラント10年保証システムを採用しています。ガイドデントによるインプラント10年保証システムとは、「ガイドデント」というインプラント治療保証会社が行っている、第三者によるインプラント保証システムです。多くの歯科医院ではインプラントの保証について、独自の基準で設定しており、その医院でしか保証が受けられません。そのため、基準や条件が曖昧だったり、閉院してしまったり、患者さんが引っ越してその歯科医院に通えなくなると、きちんとした保証が受けられない場合も出てきます。

ガイドデント

ガイドデントによるインプラントの保証は、その点、第三者が介入することにより、公正な目で判断が行われるため、うやむやになって保証が受けられない、という心配がありません。また、万が一の場合には全国にある600以上にも及ぶガイドデント認定歯科医療機関であれば、どこでも治療が保証されるのも大きな魅力です。

●ガイドデント認定医療機関とはガイドデント
ガイドデント認定医療機関とは、ガイドデントによる保証を受けることのできる歯科医院のことで、治療年数、治療実績、治療件数、所属学会など、90以上もの項目において、厳しいい基準をクリアした、レベルの高いインプラント治療を行っていると判断された医院だけが認定されます。

ガイドデントのインプラント10年保証システムはここがスゴイ

1.転居後も安心して保証が受けられる保証書
通常、インプラントの保証は治療を受けた歯科医院でしか受けられません。そのため、遠方に転居してしまった場合、他の歯科医院では保証が効きません。ガイドデントのインプラント保証システムでは、全国にあるガイドデント認定医療機関で引き続き保証を受けられるので安心です。

2.治療した歯医者さんが閉院しても保証が受けられる
インプラントは治療を受けた医院で継続したメンテナンスが必要です。しかし、その医院が閉院してしまった場合、治療が受けられなくなってしまいます。このような場合、新たにガイドデント認定医療機関を紹介してもらえ、引き続き治療、そして保証を受けることができます。

3.歯医者選びに困らない
インプラントを行っている歯科医院はたくさんありますが、どこに行けばいいのかわからないという悩みを持つ人も多いことでしょう。その点、ガイドデント認定医療機関であれば、一定レベルの基準をクリアしているため、安心して歯医者さんにかかることができます。

4.第三者を介しているので保証内容が明確で公正
第三者を介しているため、保証内容が明確です。また、常に、中立な立場での判断、指示が行われるので、スムーズな対応と治療を受けることができます。

5.不慮の事故が原因で起こった場合には無償で治療が受けられる
歯科医院が独自に設定している保証では、不慮の事故の場合に保証が効かない場合がありますがガイドデントのインプラント保証では確実に保証されます。

インプラント10年保証システムの内容

保証内容は?
インプラント1本に対して、上部構造(被せ物)100,000円、インプラント体200,000円を上限に無償で治療を受けられます。保証限度額に達するまで、繰り返し治療を受けることが可能です。(インプラントを埋めたその日から保証がスタート)

どんな場合に保証される?
インプラント10年保証システムは次の場合に適用されます。

不慮の事故によりインプラントが脱落したり、折れたり割れてしまった時。あらかじめ定められた定期メンテナンスを受けていたにもかかわらず、インプラントが脱落、または折れたり割れたりしてしまった時。

保証が適用される条件はどんなもの?
保証が適用されるには、認定医療機関で定期的なメンテナンスを受ける必要があります。下記の回数の定期メンテナンスを受けていないと保証は受けられません。

●インプラントを埋めてから2年間・・・・1年に2回以上
●インプラントを埋めてから3年目〜10年目・・・・1年に1回以上

※メンテナンス費用は患者様負担となります。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック