宝樹会のインプラントシステム

インプラントシステム

現在、宝樹会が採用しているインプラントシステムは、近代歯科インプラントのパイオニア的存在のノーベルバイオケア(スウェーデン)、長年の臨床と研究に基づく応用性に優れたカムログ(ドイツ)、自然治癒力をサポートする性質を取り入れたアストラ(スウェーデン)、世界的動向に合わせたイノベーションで急速にシェアを伸ばしているオステム(韓国)の4種類。価格帯に幅を持たせることで患者さまの選択肢の幅も広げるとともに、それぞれを適材適所で使用しています。

インプラントシステムにはそれぞれの特徴や長所・短所がありますので、それらをすべてご説明した上で患者さまに選んでいただいています。ただし、症例による向き・不向きもありますので、その点はご了解いただきたいところです。

インプラントシステム宝樹会が採用しているもの以外にもさまざまなインプラントシステムが登場していますが、宝樹会における選択基準で最優先としているのは「厚労省の認可を受けていること」です。そのため、採用している4種類のシステムは、すべて厚労省の認可を受けています。

さらには、年間の開発費をきちんと投資し、技術革新を進めているメーカーであることにも注視。また流行に乗らず、インプラント体の形状そのものにも目を向けることこそが、安全を重視すること、患者さまに安全と安心を提供することにつながると考えています。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック