なるべく痛みやストレスを感じさせないよう、二段階麻酔で対応

痛みの少ないインプラント治療

歯科治療に対して「痛い・怖い」というイメージを持たれている患者さまが多いと思います。インプラント治療は外科手術なので、さらに不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。宝樹会では、なるべく痛みやストレスを感じさせないよう、細心の注意を払っています。

すべての診療台に電動麻酔器(無痛麻酔器)を設置し、表面麻酔を施してから電動麻酔器で麻酔をかけます。さらに、極細の注射針を使い、最も痛みが少ない部位に刺しますので、針を刺したときの「チクッ」とする感覚をほとんど感じさせません。

静脈内鎮静法にも対応
「痛いのは本当に苦手なので、寝ている間に手術してほしい」といった患者さまには、静脈内鎮静法で対応しています。

静脈内鎮静法とは、点滴で鎮静剤をゆっくり投与し、ややボーッとして眠くなる状態を作る方法です。治療中の不安や緊張を軽減させる方法の1つで、全身疾患をお持ちの方や緊張が強い方の歯科治療に大変有効です。

治療中は、心地よく居眠りしているような、うつらうつらした状態となります。ただし、全身麻酔とは違って意識が完全になくなることはなく、手術中の会話も可能です。宝樹会では、静脈内鎮静法を用いる際には専門の麻酔医が立ち会いますので、安心してお任せください。

臨機応変に対応します痛みの少ないインプラント治療
静脈内鎮静法や麻酔などを使用するか否かに関しては、最初のプランニングの際に、トリートメントコーディネーターが患者さまのご希望をお伺いします。ですが、手術当日の体調や心境などによって「麻酔はいらないという契約をしたけど、やっぱり怖い...」と感じられることもあると思います。

そういった場合には、プランニング時の契約内容に関わらず、歯科医師が臨機応変に対応しますので、どうぞ遠慮なくご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック