CTを使った綿密な診査・診断で、安全かつ正確な治療を行います

CTを使った綿密な診査・診断

これまでは、経験と勘を頼りにインプラントの埋入が行われてきました。しかしこれでは、経験豊富な医師とそうでない医師との技術差が大きくなり、治療結果にも反映されてしまいます。事実、かつてインプラントを埋入する深さを誤り、大きな事故につながった事例がありました。

こうした事態を避けるため、宝樹会のインプラント治療は、治療前にCTスキャンで確認してから手術に臨みます。事前にCT撮影を行うことで、より精度の高いインプラント治療が可能となりました。

CTを使った綿密な診査・診断CTの優れている点は、コンピュータ上で骨の状態が3次元で再現できるところです。これにより、レントゲンではわからなかった骨の奥行きや骨の幅・厚みが正確に診断できるようになりました。今では、インプラント治療で欠かすことのできない重要な検査の1つです。

また、CTを導入していない医院では、大学病院や提携クリニックに出向いてCT撮影をしなければなりません。撮影までの期間が長くなる上、日程調整も必要でした。宝樹会の各クリニックはCTを完備していますので、治療をスムーズに進めることができます。

<歯科用CTの導入メリット>
・インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションが可能
・難易度の高い症例でも手術できる
・事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない ⇒患者さまの負担軽減
・治療時間の大幅な短縮

CAD/CAMシステムによる精度の高い技工

院長あいさつCAD/CAMシステムとは、口腔内に装着する修復物や補綴物の設計および加工に用いられる複数の装置をCADやCAMの技術を用いて統合したシステムのことです。CAD(キャド、英: Computer Aided Design)とは、コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること、あるいはコンピュータによる設計支援ツールのことを指します。

一方CAM(キャム)とは、コンピュータ支援製造(Computer Aided Manufacturing)の略。製品の製造を行うために、CADで作成された形状データを入力データとして、加工用のプログラム作成など、生産準備全般をコンピュータ上で行うためのシステムです。

宝樹会では、各クリニックで必要とする技工物の製作を一手に受け持つセラミックセンターを有し、そこに3台のCAD/CAMシステムを導入。人の手によって行われていた設計作業や実際の加工をコンピュータで支援し、効率を高めるとともに、精度の高い技工を行っています。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック