インディアナ大学医学部 解剖認定医の資格を取得

院長あいさつ

宝樹会の理事長は、高度なテクニックでインプラント手術を行う臨床医として、アメリカの伝統校インディアナ大学医学部の解剖実習試験に合格した認定医です。この試験は、解剖学レベルでの知識が必要であり、日本ではごくわずかの歯科医師しか取得していない認定医資格です。

あごの周りの組織には血管や神経が集中しているため、インプラントを埋め込む際に、血管や神経に傷をつけてしまうと後遺症が出る可能性もあります。現在は、高性能なレントゲンや最先端のCTによる分析などにより、安全度の高いインプラント手術が確立されていますが、直接顎骨に人工歯根を埋め込む手術のため、歯科医師は人体の危険領域を解剖学的に把握しておく必要があります。

多くの埋入実績を有し、数々の資格を持つ理事長の技術力

インプラント医が自らの技術を保ち続けるためには、常に多くの症例に触れ、経験を積み重ねていくことが重要と言われています。宝樹会の理事長は、複数のインプラントメーカーから依頼されて、多くの医師にセミナーを開く指導医でもあります。

理事長の技術力●世界最大のインプラント学会/ICOI(国際インプラント学会)指導医
宝樹会の理事長は、世界最大のインプラント学会/ICOI(国際インプラント学会)指導医の資格を持つ、日本でも数少ないドクターです。特に「指導医」については非常に難易度が高く、数多くの講義への参加、また症例数などの臨床経験が必要とされる資格です。

●アメリカ歯科インプラント学会専門医資格も取得
アメリカ歯科インプラント学会は、世界のインプラント治療に関わる歯科医師によって1951年に設立された、アメリカで最も歴史のあるインプラント学会です。会員にはいくつかタイプがあり、宝樹会の理事長が取得している専門医資格は、学会の資格取得プログラムに参加し、各試験に合格した者のみが取得できる資格です。

アメリカ歯科インプラント学会は、インプラント歯科学に関するすべてを偏りなく学べることから、インプラント界の最高権威と言っても過言ではありません。そのため、資格取得にはインプラントの技術だけでなく、虫歯、歯周病、矯正、審美など、総合的な技術を高い次元で提供していることなども必要とされるのです。

理事長の技術力理事長の技術力

●世界的なインプラントメーカーの公認インストラクター資格を所有
宝樹会の理事長はさまざまな学会に所属し、アメリカ歯科インプラント協会をはじめとする、多くの認定医資格を有します。現在では、カムログインプラント(ドイツ)、アストラ(スウェーデン)、オステムインプラント(韓国)など、日本国内で主に使用されている世界的なインプラントメーカーの公認インストラクターの資格を持ち、あらゆるインプラント治療において高度な技術を発揮しています。

理事長の技術力●世界のインプラント業界の第一線「デニスターナー先生」直伝の技術
現在、インプラント治療の最高峰と言われるコロンビア大学で教鞭をとっているDr. デニスターナー。先生は世界のインプラント業界の第一線と言われ、世界中から、患者さまはもちろん、ドクターたちが技術を学びに訪れます。宝樹会の理事長も、デニスターナー先生の愛弟子の1人。先生から世界水準のインプラント治療技術を学びました。

理事長の技術力●日本はもちろん、世界の学会・勉強会に参加
インプラント治療は常に進化し続けています。宝樹会の理事長は学会や勉強会に積極的に参加し、常に最新技術の吸収に努めています。また、後進指導にも力を注ぎ、多くのドクターにインプラント講義を行っています。

理事長の技術力理事長の技術力
理事長の技術力理事長の技術力
理事長の技術力理事長の技術力
理事長の技術力理事長の技術力

理事長の技術力●3年連続で秋田県第1位
宝樹会の理事長は、埋入本数において6年連続で秋田県第1位(カムログインプラント)となるほど、数多くの経験を積んでいます。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック