最高・最新のインプラント治療を提供します

最高・最新のインプラント治療

歯科医師には「内科」や「外科」といった明確な区分はありません。だからといって、歯科医師ならば歯科医療すべてに精通しているとは言えず、個々に得意分野があります。その反面、あまり得意とは言えない分野もあって然りです。

さらには、日本の大学における学生へのインプラント治療についての教育は、残念ながら未成熟な段階です。それだけに、歯科医師がインプラントに強くなるには、大学教育の課程を修了したあとに、自ら進んで学び取る必要があります。

また、医療技術や医療機器の進化は日進月歩です。治療技術を保ち続けるには、常に新しい技術を学び、多くの経験を積み重ねることも不可欠と言えるでしょう。宝樹会では、多くの実績と資格を有する院長のもと、各スタッフが専門的な技術を発揮できる組織力で、患者さま一人ひとりに最適な治療を提供しています。

「どこで治療を受けたらよいのかわからない」と迷っている方は、ぜひ一度ご相談ください。

外科医レベルの技術力で、安全・安心なインプラント治療を提供

外科医レベルの技術力宝樹会の理事長は、高度なテクニックでインプラント手術を行う臨床医として、アメリカの伝統校インディアナ大学医学部の解剖実習試験に合格した認定医です。この試験は、解剖学レベルでの知識が必要であり、日本ではごくわずかの歯科医師しか取得していない認定医資格です。

インプラント手術では、あごの骨の中にインプラント体(人工歯根)を埋入します。それだけでも、多くの神経が集まっている箇所などを熟知していなければ、安全で安心な治療は行えません。さらには、あごの骨を増やすための「増骨手術」といった高度な治療を行うこともあるため、インプラント医には解剖学の知識が必要なのです。

「あごの骨が少なくなっているのでインプラントはできない」と、他院でインプラント治療を断られた方の場合でも、増骨手術で骨を補うことによってインプラント治療が可能となるケースがあります。宝樹会では、高い技術力を持って、多くの症例に対して適切な治療をご提供しています。

増骨手術の種類
●サイナスリフト
上あごの骨が少ないときに行います。上あごの奥歯の上方には「上顎洞(サイナス)と呼ばれる空洞があります。この空洞に補填材(骨と同様の組成で最終的に自家骨に置き換わっていくもの)を挿入して骨を作ります。

●ソケットリフト(オステオトーム)
サイナスリフトと同様、上あごの骨が少ない場合に行います。ソケットリフトは骨の厚みが4mm以上ある場合に行われますが、それ以下の場合はサイナスリフトが行われることがほとんどです。

●GBR
骨が不足している部位を特殊な膜で覆い、骨を作るスペースを確保します。その中に、骨のもととなる素材を詰めていき、骨の再生を促します。

お気軽にお問い合わせください

  • 城東歯科クリニック
  • ふただ歯科クリニック
  • たかのす歯科クリニック